診療案内

診療内容

一般歯科

一般歯科

一般歯科とは、虫歯治療や歯周病の治療など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

当院では、患者さんお一人おひとりの口腔内の健康状態や治療方針を丁寧にご説明し、理解していただいた上で治療するよう、心がけています。

小児歯科

小児歯科とはただ単に子供の虫歯を治すだけではありません。虫歯を予防すること、永久歯を正しい位置に生やすことで、お口の中を健康な状態に保ち続けることが目標となります。当院では、お子様に恐怖を感じさせることなく円滑に治療を受けていただくためにも、きちんとした説明、痛くない治療、怖くない治療を目指し治療にあたっております。

実際の治療について

最初からすぐに治療を始める事は致しません。まずはお子様に「歯医者さんに慣れてもらうこと」「安心してもらうこと」を目標にユニット(治療の椅子)に座って慣れてもらうことからスタートします。

慣れてきたら、少しずつ丁寧に治療を行います。
歯を削る治療機器の「音」が嫌だ、こわいという声をよく聞きます。大人でも嫌な方がけっこうおりますので、お子様が恐怖を感じてしまうのは、仕方がないことだと思います。回転数が少ない、音の比較的静かな治療機器も使用しておりますので、実際、お子様に治療機器の音を治療前に聞いてもらい、慣れてもらうなどの工夫をしております。

小児歯科

お子様の予防歯科について

お子様の歯は、大人の歯に比べると虫歯にとてもなりやすく、進行も早いです。
虫歯になってしまった際の治療ももちろん行いますが、虫歯にならないための予防も大事であると考えております。大人になってからも虫歯になりにくい歯になるために、定期健診やブラッシング指導にも力を入れて取り組んでおります。

治療を頑張ったお子様へプレゼント

プレゼント

お子様に少しでも楽しく治療を受けてもらうために、治療を頑張ってくれたご褒美に、ちょっとしたプレゼントもご用意しております。「歯医者さんは痛みをとってくれて、楽しいところ」なんて、思っていただけたらうれしいです。

学校歯科検診で虫歯があると言われたら

学校で、定期的に行われている学校歯科検診で、虫歯があると言われたら、すぐ歯医者さんに行きましょう。「武蔵野市立桜野小学校」「武蔵野市立第二中学校」など近隣の学生さんも当院には、よく来られます。小さいときから通いはじめ、大人になっても通ってくださる方が沢山いらっしゃいます。

ページの先頭へ

歯科口腔外科

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは、口の中を覗いて見える、すべての組織、つまり、歯や歯茎だけでなく舌や頬の粘膜、舌の付け根、上アゴ、下アゴ、唇と、粘膜に隠れている唾液腺、さらには顔やアゴの骨、関節などに生じた病気を診断し、治療する診療科です。代表的なところでは、親知らずの抜歯や、インプラント治療顎関節症の治療などがこれにあたります。

外科的な治療法が多いのですが、病気の症状を緩和したり、失われた機能や形態を回復することを目的としています。

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯を何らかの原因で失ってしまった時、その歯の無い所に人工の歯を入れる治療のことです。歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。チタンは3ヶ月~6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、より自然の歯に近い噛み心地と美しい歯を手に入れられる治療法と言えます。

入れ歯を入れているが嘔吐反射が強い方や、入れ歯が合わなくて悩んでいる方は是非一度ご相談下さい。

インプラント治療の流れ

1.検査・治療計画

レントゲンを撮影し、型をとって模型を製作します。必要の際にはCT撮影をして診断を行います。それを元にインプラントをどこに何本埋入するか、歯をどうするか、細かく治療計画を立て、患者さんの納得の上で治療を進めていきます。

2.手術

【一次手術(人工歯根の埋入)】

麻酔をしてインプラントを埋め込むための穴を作ります。骨にインプラントを埋め込み、キャップで、歯茎を閉じます。埋め込んだ後は、骨とインプラントが結合するまで数ヶ月待ちます。

【二次手術(連結部分の装着)】

インプラントと歯をつなぐ連結部分を装着します。

手術

3.人口歯の装着

人工歯をインプラントに装着します。

インプラントと言っても何もお手入れをしなくても大丈夫という万能なわけではありません。さぼってしまうとインプラント歯周炎になることがあります。しっかりとお手入れの指導をさせていただいた上で、経過をみていきます。
当院では手術の全てを自院で行っておりますので、安心してご相談ください。
 

人工歯の装着

顎関節症の治療

顎関節症の治療

顎関節症とは、顎の関節や、ものを噛むときに使う筋肉、口腔内の咬み合わせのいずれかの異常により、顎に痛みを感じたり、口が開けづらくなったり、不快な症状に慢性的に悩まされたりする症状です。頭痛・肩こり・耳鳴りをはじめとする全身的な症状がおき、対処できないでいると、精神的にも落ち込んだままの状態で過ごすことになります。

一般に不定愁訴と呼ばれるそういった症状も、実は咬み合わせの異常や顎関節症によるものであるケースも少なくありません。

・顎関節周辺に痛みがある
・口が大きく開かない
・顎関節のあたりで音がする
・耳鳴りや肩こり、片頭痛や吐き気などがする

などは顎関節症の兆候と言えます。
原因をはっきりとさせるためにも、歯科医院を受診してみてはいかがでしょうか。
受診して頂いた方へは、「日常生活の注意事項」を用紙でもお渡ししております。
 

【 顎関節症のしくみ 】

<正常な場合>

人工歯の装着
 

<音がなる・口が開かない場合>

人工歯の装着
 
医療模型

当院では、患者さんにご自分の症状や今後の治療方針をご理解いただくために、 医療模型やタブレットを使用して説明させていただいております。顎の関節の動きなどが目に見えて、大変わかりやすいと患者さんには好評をいただいております。

ページの先頭へ

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった、病気を治すことが目的ではなく、口腔内を美しく健康な状態にすることを目的としています。美しい口腔環境は、 美しい笑顔を作り、精神的にも大きな恩恵をもたらします。

【審美歯科の診療について】
審美歯科は、保険診療ではなく自費診療となり、保険診療に比べて、お値段が高くなる場合がございます。被せものの色や素材も様々で、患者さんの症状やご予算などに合わせて、ご案内をさせていただいております。当院は、基本的には、保険診療を中心に治療を行っておりますが、ご要望に合わせて、審美歯科治療も行っております。サンプルやカタログ、タブレットなどを用いて、時には簡単なイラストを描いて説明させていただく場合もございます。説明を丁寧に行い、患者さんにご理解・ご納得していただいた上で、治療をさせていただいておりますので、お気軽にご相談下さい。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯は年を重ねるごとに黄ばみを増していきます。また、生まれつき歯が黄色い方や、生活習慣から黄ばんでしまう方もいます。この黄ばみを白く出来るのがホワイトニングです。歯を削るようなことはありませんので安心して治療を受けて頂けます。

歯の黄ばみが気になって人前で歯を出して笑えない方や白くしたい方にオススメです。ホワイトニングは個人によって差がありますので一度ご相談下さい。お一人ひとりにあった治療法をご案内させていただきます。

予防歯科

予防歯科

これまで歯科医院とは、歯が痛くなってから行く場所でした。しかし虫歯になって歯を失ってしまってからでは手遅れです。また歯周病で溶けた顎の骨は、二度と元に戻ることは戻りません。そのため最近では歯が悪くならないように予防していく事が重要と言われるようになってきました。

世界で一番予防歯科が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率が大人で80%以上、子供にいたっては100%近くが定期検診を受けています。他の先進諸国でも70%ほどの受診率が一般的になってきました。

先進国ではこのように歯科に対する関心が高いのに対し、日本での定期検診受診率はいまだ10%以下です。これでは虫歯や、歯周病が悪化してしまうのも当然といえます。

当院では、虫歯・歯周病の早期発見・早期治療の為、Care&Cure~治療と予防~をコンセプトに、定期検診の受診をおすすめしています。
 

ページの先頭へ

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯の種類はとても豊富で、患者さんのご要望や口腔内の状況によって使い分けることが可能です。近年インプラントが非常に注目を集めていますが、入れ歯のメリットも決して無視できるものではありません。

当院では、患者さんの口腔内の状態やご要望をしっかりおうかがいした上で、最適な治療計画を提示させていただくよう努めております。

金属のバネが無い入れ歯(ノンクラスプデンチャー)なども取扱っております。
金属のバネが無い入れ歯(ノンクラスプデンチャー)
 

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは、一般的に歯並びの不正を治す治療のことをいいますが、単純に歯をきれいに並べるだけではなく、咀嚼器官や顔の形、機能の回復を目的とし、咬み合わせや発音など、ひいては全身の健康に影響を及ぼす治療の一つです。

矯正歯科の治療費や治療期間については、患者さんの口腔内の状況によって異なります。当院では、しっかりと説明をし、きちんとご納得いただいた上で治療にあたるよう心がけております。

ページの先頭へ

スポーツ歯科

スポーツ歯科

スポーツ歯科とは、その名の通りスポーツをする時に歯を痛めないために行われる治療のことを言います。格闘技やラグビーなどの激しい接触が行われるスポーツでは歯を痛めてしまう恐れがあります。当院では、それを避けるためはマウスピース(マウスガード)を製作しています。

マウスピース(マウスガード)をつけることで、歯の破損や顎の怪我を防ぐことができ、顎関節を保護したり、脳震盪を防ぐこともできます。また、より歯をくいしばることができるので、安心してプレイに専念できるという心理的な効果も非常に大きなものがあります。スポーツ用品店などでも手軽に入手することは可能ですが、装用時の違和感や、衝撃で外れてしまったりといったデメリットもあります。そういった不快感を避けるため、当院ではオーダーメイドのマウスピースの製作を行っております。

スポーツ時の外傷予防(スポーツマウスガード)

スポーツ時の外傷予防(スポーツマウスガード)
スポーツの一部ではマウスガードの装着が義務化されています。しかし近年、野球、テニス、ラクロスなど、様々なスポーツ時に使用される方が増えており、当院へも多くの学生さんがご来院されます。同じマウスガードでも競技により異なります。また、現在お持ちのものを改良するだけでも効果が違ってきます。

障がい者歯科

障害者歯科

当院では、一般の歯科医院での治療が難しい障がい児・障がい者の方々を対象に歯科診療を行っています。
障がいをお持ちの方お一人おひとりに合うような治療をできるように、ゆっくり話し合いながら対応していくよう心がけております。お口の中の継続的な管理も行いますので、お気軽にご相談ください。

訪問歯科

障害者歯科

通院困難なご高齢の方やお体の不自由な方への訪問歯科(保険適用)も行います。
(入れ歯制作、簡単な虫歯や抜歯など)お気軽にお問い合わせください。ご家族の方からのご相談も受付ております。

ドライマウス・口臭治療

ドライマウス・口臭治療

口臭は、ご本人では気づきにくいものですが、唾液が少なく口が乾いた状態になると強くなります。唾液の分泌量が減る病気「ドライマウス」も、10代~30代といった若い世代に増えています。

その原因は、不規則な食生活、睡眠不足、ストレスなどさまざまです。当院では、ドライマウスでお困りの方のご相談をお受けしております。口の渇きでお悩みの方は、ご相談ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯は年を重ねるごとに黄ばみを増していきます。また、生まれつき歯が黄色い方もいらっしゃいますし、生活習慣から黄ばんでしまう方もいらっしゃいます。この黄ばみを白く出来るのがホワイトニングです。歯を削るようなことはありませんので安心して治療を受けて頂く事ができます。

歯の黄ばみが気になって人前で歯を出して笑えない方や白くしたい方にオススメです。ホワイトニングは個人個人によって差がありますので一度ご相談下さい。

お電話でのお問い合わせは0422-51-2400 診療時間 9:00~13:00/14:30~19:00

武蔵野市、武蔵境駅・東小金井駅近くの歯医者、田辺歯科医院。一般歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科・予防歯科・入れ歯(義歯)・顎関節症・スポーツ歯科・障がい者歯科・ドライマウス・口臭の歯科診療を行っています。

ページの先頭へ